« オウガ帰ってきました! | トップページ | 水入らず? »

オウガの帰還

オウガは無事に帰ってきました!

Gomen

本当にたくさんの方々のご支援のおかげでオウガは無事に帰って来ることが出来ました。
まずはお礼を言わせて下さい。
本当に本当にありがとうございました!

今回、色々な迷子捜索サイト様を参考にさせて頂きましたが、中でも【絶対に探し出すぞ!というガッツが何よりも大事】という言葉がありました。どこのサイト様だったかわからなくなってしまいました、すみません;;

それと、迷子ペット捜索人 捜索方法・犬(小型犬)の中にあった一文が身に沁みました。

『どんな種類のペットを捜すにしても言えることですが、悪い方へ考えるひまがあれば「きっと元気で帰ってくる」と信じて捜索に打ち込むように頭を切りかえる事は非常に大切です。』

オウガを心配して泣き暮らすのは簡単でしたが、「泣いてもオウガは見つからないし、何よりも探せない。見つかってから泣けばいいんだから」と気持ちを切り替えて頑張れました。
これもオウガの事を心配して下さった皆様、励ましの言葉を下さった皆様、直接動いて下さった友人達のおかげです。
本当にありがとうございます。
このご恩はいつの日か直接、もしくは他の不幸な動物達を救う事で返していければと思っています。

で、たった二日の捜索で心身ともに疲れ果てました。
長い期間探されているご家族の心労を思うと言葉もありません。
今はただ、オウガの無事を感謝し、この幸運が少しでも多くの子の発見に繋がるようにと祈るばかりです。

ブログや日記でオウガの事を取り上げて下さった方々へのご挨拶は後々伺わせて頂きます。
全てを把握できていないかもしれませんが、出来る限りお礼を言わせて下さいませ。

Papasuki

以下、オウガ発見の経緯です。
長文ですのでお暇な時に読んで頂けると嬉しいです。

≪6月27日金曜日≫

09:07 筑●保健所の担当者様より私へ連絡があり、保護して下さった方の簡単な住所と連絡先を教えて頂く。
特徴を詳しく伝えていたので、「ほぼ間違いないと思います、よかったですね!」と担当の方が言って下さいました。

9:15 保護元さんと連絡取れ、ご自宅の詳細をお聞きする。

9:35 保護元さん宅へ到着、無事にオウガと再会を果たす。

ここで、実は昨夜に保護していたと話して下さいました。
保護元様のお宅にもワンちゃんが数頭いて、この子達が夕方前くらいからしきりに吠えていたとの事。
普段は入らない二階の部屋だったが、あまりに吠えるのと天気もよかったので窓を開けてみた所、そこのベランダにオウガ居たそうです。
キレイなうんこをして、尻尾を振ってたらしいです(汗)

こちらのお宅は高台にあり、真横が山の斜面でベランダは地上から6~7メートルはあろうかという高さ。
ご主人曰く、多分横の山から屋根に飛び移り、屋根伝いにベランダへ飛び込んだのだろうと。
でもベランダを囲った塀も1メートル以上ある高さでして(汗)
オウガは家から出て行った時も、リビングを仕切っている扉を飛び越え、さらに少し開いていた玄関を開けて外に出て行った模様だったのですが、運動能力が高いのも考えものだと思ってしまいました。

そしてここで驚きの事実が。
26日の夜、保護元様がオウガを保護後、これは絶対飼われてる子だと思い、すぐに警察署へ連絡して下さったそうです。
(これはどの警察署へのご連絡か確認していないのですが、管轄は筑●△警察署です)

そこでの対応。

電話に出た警官:「迷い犬の届出は出てません」 

奥様はあまりの冷たい対応に憤慨し、「じゃあ、明日一番に保健所に連絡しますから!」と電話を切られたそうです。
私に話して下さっている時もかなり怒ってありました。

そして一晩オウガを保護して下さったのです。
一夜明けた27日午前9時、朝一番に保健所へご主人が連絡下さり、無事に再会出来ました。
私をみて突然ヒーヒー言い出したオウガを見て、奥様が涙ぐんでいらっしゃいました。
以前、飼っていたワンちゃんが脱走し、20日後にみつかった経験があるとの事で本当に喜んで下さいました。
とりあえず急いで迎えにいったので、また改めて御礼に伺う事にし、帰路へ。

車の中では安心したのか、きゅんきゅん鳴いていたオウガでした。
酷い匂いもなく、ノミもダニも見た感じいないようで、怪我もなく、元気でした。
家に入ると風我と雷我と天我には唸られて尻尾を下げてビビるオウガ。
美風や雪菜はオウガの口元をなめてお帰り、と言っていたようでした。

体を拭いて入念に確認しましたが、ノミダニも傷もなかったのですが、お腹がぺしゃんこで相当空腹な様子でした。
ターキーと馬ハツに雑穀ご飯とキャベツ少量をぐつぐつ煮込んでおじやにするとガツガツ食らうオウガ(汗)

しばらくして母が来てくれたので、チラシの回収と保護元さん宅へ改めて御礼に伺いました。

その後、家に戻ると「やっべー……」って顔してたオウガでした。
犬の一日は人間の一週間程度に匹敵すると思います。
オウガの冒険は二日間、彼にとって二週間ほどの時間になると思いますが、どんな風にすごしていたのか。
知る術もありませんが、無事に帰ってきてくれて本当によかったです。

今日の朝にはすっかり元気も出て、ごはんへの執着も凄いことに。
痩せしまってましたが、すぐに戻るでしょう。

そして、警察のいい加減な対応に比べ、保健所の対応の素晴らしいこと。
保護元様からの連絡後、10分かからずに私に連絡ですよ
そして、35分後には私はオウガと再会です。

保護元さんが凄く親切で優しい方だったからよかったようなものの、もし警察に届出がないならうちで飼おうかと思われていたら、オウガはまだ帰ってきてないかもしれないのです。
それに警察がきちんと対応していれば、保護元さんに一晩のご苦労をかけることもなかったのです。

動物管理センター、市役所、保健所は帰還の連絡時、日にちと名前だけですぐにわかってくれました。
皆さん、本当によかったですね、と喜んで下さいました。

それで、今日の夕方になっても、どうしても納得が行かなかったので、警察へ問い合わせる事にしました。

何処に連絡すればいいかわからないので、おそらく全体的なシステムを把握されていると思われた福岡県警へ電話する私。
ちゃんと相談ダイヤルがあるのだから遠慮する事もないかと。

対応して下さった方はさすがに慣れていらっしゃって、よく話を聞いて下さいました。

25日15時過ぎより迷子になり、16時過ぎに南●丘交番へ遺失届けを出した事。
この際、筑●△警察署へも出した方がよいか確認したところ、対応した若い警官が「これで回りますから大丈夫」と説明いただいたこと。

後は保護元さんへの対応。
27日に保健所から私へ連絡があった事。
ここで、担当の方は
「保健所の担当は筑●△署へ問い合わせたと思いますよ。それで保護したワンちゃんの特徴と○○さん(私)の連絡先がわかったのでしょう」
と仰いました。これは届出はちゃんと署が把握していたという事を言いたかったのだと思われます。
それで、

私:「いえ、交番へ届けた後、すぐに保健所や役所へ連絡しておりますが」

担当の方「あ、そうですか」

ちょっと気まずい(笑)

・とにかく、交番で届出を出してチラシも貼って頂いた。
・一般人はまず警察に連絡するものだと思うが、届出の引継ぎがあいまいではどうしようもないと思う。
・今後、もしもこういう事があった際、一般市民は警察のどこに届けてどういう確認をすればきちんと届けが出ているのかを知る事が出来るのか。

以上の事をお聞きしました。
担当の方は事情を理解して下さり、一般的な書類の処理のルートを説明して下さいました。

■動物はモノ扱いなので、迷った場合は『遺失届』を出す。
■これは最寄の交番で問題ない。
■この書類の管理は各警察署の会計課の業務。
■交番はその日の勤務が終わったら署に戻って報告や届けを出す。 なので、私の届出は、25日中に署へ届いているはず。

■夜間の当直は各課で当番なので、会計の人が担当でない場合、引継ぎの状況によってはその届けがどう伝えられているのかわからない。
県警ではそこまで把握できない、という事ですね。

やはりこれは部署の連携や交番勤務の方の意識、色々な事柄の優先度などが関係されるという事でしょうか。

大体のシステムは理解できたので、決まり文句ですが、「いくらモノ扱いとはいえ、ペットは大切な家族です、こういう事で帰ってこれるワンちゃんが減る事のないよう、是非警察の中でもお話ししてください」と伝え、電話を終了しました。

あと、筑●△署の会計課へ問い合わせてみて、どんな状況だったか聞くのは構わない、との事でした。
まあ、ちゃんと引き継いでましたと言われたり、イヤな対応をされたらまた怒りがぶり返すような気もしますし……。検討中です;;

要は、飼い主がしつこく連絡・確認して印象を残し続けるしかないんじゃないかと思います。
警察も次から次に色んな事件が起きているし、大変なお仕事ですからね。
元はといえば迷子にする飼い主が悪いのですし……。

とりあえず交番で届けを出し、翌日にでもチラシ持参で管轄の署へ出向き、届出が受理されているか確認、2~3日間隔でしつこく電話確認、とか。
凄くウザい飼い主ですが、これしかないかなぁ、と。

とにかく、今回の事で警察のペットに対する扱いは落し物と同列、という事を再認識しました。
遺失届出は出しておかないとトラブルになった時に困るので必須です。
警察署同士は連携がないと思われますので、もしも広い範囲に及ぶ際は、その地域の管轄を把握する必要がありますね。
この機会に皆様も所属する管轄や近辺の交番を知っていらっしゃると便利かと思います。

福岡県警察 あなたの街の警察署

ちなみに話を聞いて下さったのは↓の相談ダイヤルです。

Hot Line

こういう事を思い返す都度、オウガの帰還が奇跡だと痛感致します。
平和に眠っているみんなを守るために、全力を尽くして世話をしていこうと思います。

長々と読んで下さってありがとうございました!

|

« オウガ帰ってきました! | トップページ | 水入らず? »

ダックス」カテゴリの記事

コメント

本当に無事に帰って来て良かったですね!オウガくん帰還までの経緯、フムフムと読ませて頂きました。保護してくれた方が良心的な方だったからこそ、早期対応でオウガくんも早くシャルママさんの元に帰って来られたのでしょうね!警察任せだと恐らく今だ帰還していないかも(怒)今回の件で「警察が犬の迷子くらいではさほど誠意を持って対応してくれない」と分かりました。もう少し警察の誠意ある所を見せて頂きたいものです!(税金泥棒~←心の叫び)しかし、約3日の迷子で、怪我もなく本当に良かったですね!シャルママさんも心身共にお疲れになった事でしょう…。11ワンコにしっかり癒されてくださいね♪

投稿: penpen&penママ | 2008/06/28 22:28

お疲れ様でした~~!!(^^)
たぶん警察署の対応した警官(おまわりさん!)今頃大目玉食らってるでしょうね!。
仕事が多いのは解りますが!、些細なことを見逃していると、大事が解らなくなると(こんな意味のことを)、何年か前の千葉県警本部長が訓示してましたよ!!。
事件性が無くて良かったのですが、行方不明になったときの為に、マイクロチップの装着をお奨めします!、今殆どの保健所等でマイクロチップリーダーが設置されていますから!。盗難等でも警察で全国手配できるそうですし!!。

投稿: ぶんた | 2008/06/28 23:06

それにしても、警察の対応には呆れるばかりですね。
いち納税者として、とてもガッカリしてしまいます。
つまり、彼らにとって優先順位が低いのでしょう…。
だからこそ、利用者が自発的に優先順位を上げるしかない!という事…“ウザい飼い主”と思われる事がそうなのであれば、それでイイじゃないですか!
愛犬家の自治によって、煽っていく必要があるというワケですよね。(笑)
いっそのこと、対応した当直の方の名前を晒してしまってはいかがでしょう?管轄での迷い犬に対する意識が、多少でも変わるのであれば…。
コレって違法じゃありませんものね、ぜんぜん。。。

投稿: phoenix | 2008/06/28 23:21

>penpen&penママさん
しつこくお礼言ってますが、ホントにありがとうございます!
事件性がない限り警察は頼れないという事を痛感しましたよ。
迷子は早期対処が発見に繋がる事が多いので、何かわかりやすいモノがあるといいなーと思ってます。
オウガが復活したらGHに遊びに行きますね!
ご一緒できる日を楽しみにしてまーす!

投稿: シャルまま | 2008/06/28 23:29

本当によかったですね。
何もお役に立てませんでしたが
逆に言うと役に立てる間もなく
オウガくんが戻って来たということに
なりますからね。
本当に奇跡なのだと思います。

10年前、ウチの犬がいなくなったとき。
必死で探しましたが
とうとう、二度と会うことはできませんでした。
そのことを思うと後悔と反省と自責の念で
今も眠れなくなります。
多分、一生続く苦しみです。
オウガくんもシャルままさんも
そのような想いにならずにすんで
本当によかったと思います。

それから私は、毛がすれるかも~と
思っても犬、猫ともに絶対に迷子札を
はずしません。
同じ過ちを繰り返すなら
あのときいなくなったプーピーの逃亡が
無駄になってしまうから。
プーピーが身を持って私に教えてくれたこと
だと信じています。

心から、おめでとうございます。

投稿: ゆうこりん | 2008/06/28 23:36

>ぶんたさん
今回は良い報告が出来ましたが、今後のためにチップも入れないとですね……。
二度あることは三度あるといいますし、早速行動したいです。
対応したおまわりさん、大目玉くらってればいいんですけどねぇ。
結局内々でお小言で済めばご本人達はいいでしょうけど、これでオウガの帰還が遅れていたらと思うとやっぱり怒りが込み上げます。
モノ扱いは仕方ないとしても、せめて書類の伝達くらいはきちんとして欲しいですね。

早期からオウガの事を気にしてくださってありがとうございましたv
後日ブログへも伺いますね!

投稿: シャルまま | 2008/06/28 23:40

>phoenixさん
今回は本当に本当にありがとうございました!
後日ブログへもお礼に伺いますが、とりあえずお礼を言わせて下さいねv

愛犬を守れるのは、最後は自分自身なのだと思うのですよ。
そのためにクレーマーだろーがウザい人だろーがなんと言われてもいいのです。
勿論素晴らしい警察官の方もたくさん知ってますし、どれだけ大変な仕事かも理解してます。
人に関わる事には親身になってくださるのになあ。
せめて書類の処理くらいはばっちりやってもらわないとね!
インターネット上での個人情報は色々法律があるのでやめておきます(笑)
今度お会いした時にでもv

投稿: シャルまま | 2008/06/28 23:47

>ゆうこりんさん
本当にオウガの帰還は奇跡だと思います。
色んな事が少しでもずれたり違っていたらもうここにはいないのです。
ゆうこりんさんも辛い想いをされたのですね。
私も30年ほど前、子供だったころに飼っていたチワワを盗まれた事があります。
今でもまだあの子の顔は忘れていません。
迷子札は実はダックスにつけていると、遊んでいる時に首がしまったりひっかかって危ない事が多かったのですよ。
もうマイクロチップしかないかなーと思ってます。
昨日つけてた柔らかい布のオウガのカラーは噛み千切られてましたし;;
めげずにまた工夫しますけどね!

今回は早い段階からオウガの身を案じて下さって本当にありがとうございました!

投稿: シャルまま | 2008/06/28 23:52

シャルままさん
警察の対応にムカムカしながら・・最後まで読ませて頂きました。私も迷子になる事は想定外でしたから今まで迷子札などには興味も持っていなかったが事実です。でも、やはり我家も5匹になり目が届かない状況が発生する事も出て来る可能性はあるんですよね。
ここで考え新たに検討しようと思います。
うざいくらい印象を与える事は時としては賢明な事だと思います。それで解決できるのなら後はきっちりホローをすればいいわけですもんね。人の優先順位はさまざまですから責める事は出来ませんが、ペットは家族だという事を多くの人に心から理解してもらいたいですね。でも、オウガ君が無事に戻ってくれた事、保護して下さった方・・良い方向に向いてくれた事すべてに感謝ですね。
シャルままさん・・改めて初めまして、これからも宜しくお願い致します。

投稿: osumi | 2008/06/29 02:42

オウガのお顔見て改めてホッとしました~heart01
しかし…オウちん、どんだけ運動神経いいんだか…
想像絶しますよup
(アンも同じ血を継いでますが)

でもきっと絶対オウガが選んでその保護元さんのお家に行ったんだよ~~~up
ちゃんと早くお家に帰してくれるとこを見つけて行ったんだと思うweep
なんて考えながら警察の対応にムカつきつつもweep泣けてきますweep

この奇跡の帰還を祝ってオウガと風我パパの写真をつまみに祝杯あげますわconfident

投稿: nah | 2008/06/29 07:22

こんにちは!オウガ君が無事に帰ってこれて本当に本当に良かったです。この上ない朗報で嬉しくて仕方ありませんでした。本当によかった…

しかし!その警察の対応ったらなんなんでしょうか。呼んでいて腹が立ちました。ペットはやっぱり家族なので、誠意のある対応がして欲しかったです。電車でもそうだけど、ペットはモノとして扱われますよね。確かに人間とは違いますが、愛犬家としては、もう少し命に対しての対応して欲しいものだと思いました。

こんな風にいえるのも、オウガ君が無事に帰ってこれたから…保護元さんが良い方で協力していただけたから…なにもかも良い方向で終われたからでもありますけどね。

重ねますが本当に良かったです。シャルママさんもお疲れさまでした。ごゆっくり休息してください(^o^)丿

投稿: 虎太郎&みく | 2008/06/29 10:17

>osumiさん
ご心配下さってホントにありがとうございました!
警察の対応は知っていたのですが、イザ我が身になるとなんというか;;
迷子札もうちのダックスずはひっぱる・ひっかける・噛み千切る(他の子がその子のを)の3拍子で(汗)
使い捨てでもいいから何か安全につけられるものを考えます!

ウザい飼い主と思われることを誇りにしたいくらいです。
動物が苦手な方もたくさんいるのは当然ですが、警察での届出の管理くらいはきっちりやって欲しいですよね。

慌しい中でまともにご挨拶もしておりませんでしたが、オウガが結んでくれたご縁ということで今後ともよろしくお願い致しますv

投稿: シャルまま | 2008/06/29 12:07

>nahさん
オウガの運動神経はアンたんも受け継いでいるんだよー!!
気をつけねば!
想像を絶する運動能力だよね;;;

保護元さんとこに賢そうな大きなワンちゃんがいたので、きっとそこに行けば何とかなると思ったんだと思う!
大家族暮らしだから賑やかそうなお宅に飛び込んだのかも……。
ほんとに偶然が重なった奇跡の帰還だよね!
いっぱい助けてくれてありがとう!
近々ピースさんでv

投稿: シャルまま | 2008/06/29 12:13

>虎太郎&みくさん
オウガが無事に帰ってこれたからこそ警察の対応にムカついたりできるんですよね……。
こういう事もあるんだ、ということが、今回オウガの件に関わって下さった皆様に知って頂けてよかったと思います。
備えあれば憂いなしといいますものね!

オウガが無事に帰ってこれたのは保護元さんが良い方だったのは勿論ですが、皆さんがオウガの身を案じて下さったパワーがこの結果を呼んだのだと思っています。
本当にありがとうございました!
またピースさんでお会いしましょうねv


投稿: シャルまま | 2008/06/29 12:21

ジャスミンママさんのところから来ました。
この件記事にさせていただきます。

投稿: よし | 2008/06/30 07:58

>よしさん
ありがとうございます!
よろしくお願い致します。

投稿: シャルまま | 2008/06/30 11:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205856/41674770

この記事へのトラックバック一覧です: オウガの帰還:

« オウガ帰ってきました! | トップページ | 水入らず? »